大浦矯正歯科の治療の流れ~院内感染の徹底も

Tel0120-61-4182

休診日 : 木・日・祝日

close
 
 
PM2:00~PM7:00 - - -
AM10:00~PM5:00 - - - - - -

Medical

フォトリスト フォトリスト

ここでは、院内設備の紹介と当院の矯正治療の流れについて説明しています。患者さんに安心して矯正治療を受けていただくために、設備を整えるだけでなく、丁寧な説明や治療に取り組んでいます。

設備案内

診療ポリシー

当院は、診療室内の衛生・院内感染に特に注意をはらっています。
診療を担当する歯科医師・衛生士は手袋の着用は当たり前の事とし以下のことに注意しています。

  • 除菌スリッパラック

    除菌スリッパラック

    患者さんが使用されるスリッパは、紫外線で消毒することで清潔な状態を保っています。

  • 器具の滅菌・消毒

    器具の滅菌・消毒

    患者さんのお口に入る器具を全て高温高圧で滅菌しています。また、滅菌した器具を紫外線の保管庫で保管しています。滅菌した清潔な器具を使用することで、院内感染予防に取り組んでいます。

  • タービンの滅菌

    タービンの滅菌

    歯の切削用の器具(タービン)の使いまわしは、新聞でも話題になりました。矯正歯科では、使用する頻度が少ないですが、当院では数を揃えて、全て高温高圧滅菌しています。

  • 歯面を清掃する機械1 歯面を清掃する機械2

    歯面を清掃する機械

    2014年7月より歯面を清掃する専用の機械を導入しています。従来の機械と違ってコードがなく、小回りがききます。また、この機械の先端は使い捨てになっています。そのため、患者さんのお口の中に入る部分を、患者さんごとに新しいものに交換することができ、清潔な器具で歯の清掃をすることができます。院内感染を極力防ぐためにも、この機械を導入しました。

  • 環境への配慮

    手袋の交換と
    環境への配慮

    患者さん一人一人に使用する手袋は、医療廃棄物として集めて定期的に業者さんに回収していただいています。

矯正治療の流れ

  • 01

    初診カウンセリング

    初診カウンセリング

    歯並びの状態を診せていただいた上で、 気になる部分やご不明点など、患者さんからのご質問にお答えします。
    (ご相談は無料です)

  • 02

    検査

    精密検査

    歯の写真、お顔の写真、歯のレントゲン撮影、頭部のレントゲン撮影、歯型採りを行います。症状により顎の関節のレントゲンや顎の動きを調べる検査も行います。この検査結果をもとに、正常な歯との比較分析をいたします。

  • 03

    診断と説明

    診断と説明

    検査の結果を診ながら、その後の治療方針や治療後の予測などをご相談・ご説明いたします。

  • 04

    矯正装置の装着

    矯正装置の装着

    矯正装置に慣れていただくために、徐々に装置を装着していきます。
    (一度に全部の歯に付けません)

  • 05

    歯磨き指導

    歯磨き指導

    矯正治療中の歯磨きは、虫歯予防のためにとても重要です。「矯正装置を付けた状態での歯磨き」を丁寧に指導いたします。

  • 06

    歯並び・咬み合わせの調整

    歯並び・咬み合わせの調整

    1~2ヶ月に一度の通院で、装置を調節したり、ワイヤー(針金)を交換していきます。

  • 07

    矯正治療終了・保定期間

    矯正治療終了・保定期間

    矯正治療が終了したら、3~6ヶ月に一度の通院で、経過の観察と歯のクリーニングをしていきます。